東園

とうえん

東園は、指月公園北東隅にある池の周囲一帯をさし、二ノ丸内につくられた回遊式の庭園です。
萩藩の儒者 山県周南が著した『東園記』によると、6代藩主毛利宗広(1717~1751)の時に、この地に古くからあった池を浚渫し、庭をつくって東園と成し、高い館を建てて園を総覧できるようにしたとあります。そして、7代藩主毛利重就(1725~1789)が家督を継いだ時も、旧に従いこの地を遊息の地とし、庭内の各所に六景二十勝の名称をつけ、その景観を装飾したといいます。
大正14年(1925)に復元修理を行いました。5月にはつつじが咲き、美しい庭園です。

基本情報

Tel 0838-25-3139 (萩市観光課)
住所 萩市堀内1-1(萩城跡指月公園内)
営業時間 4~10月/8:00~18:30、11~2月/8:30~16:30、3月/8:30~18:00(萩城跡指月公園)
休日
駐車台数 指月第一駐車場を利用(無料)/普通車51台、大型車2台
Webサイト
料金 大人220円、小人100円(萩城跡指月公園の入園料金)
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回りコース)「萩城跡・指月公園入口 北門屋敷入口」バス停より徒歩7分

周辺の観光スポット

おすすめ