天守閣跡

てんしゅかくあと

桃山時代初期の様式であった萩城天守閣跡

東西約20.0m、南北約14.5mの規模で、天守閣、二の丸、三の丸と壮大なスケールを誇った萩城の天守閣は、桃山時代初期の様式で、高さ14.5mの白亜5層の壮麗なものでしたが、明治7年(1874)に建物はすべて解体され、現在は礎石と台座のみを残しています。
天守閣跡を中心に土塁が内堀に沿って連なり、武者走り、矢倉台座跡が見られ、明治初年撮影の写真とともに在りし日の姿を偲ぶことができます。

夜は天守閣跡の石垣などがライトアップされ、水鏡に映る美しい姿をご覧いただけます。【点灯時間/日没~22:00(通年)】


VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)技術を活用し、萩城天守閣を再現!(スマートフォン・タブレットPCでご覧ください)
萩城跡指月公園料金所にて、タブレットPCの無料貸出しを行っていますので、VRを現地でもご覧いただけます (無料)
 


 

基本情報

Tel 0838-25-1826
住所 萩市堀内 (萩城内)
営業時間 【4~10月】8:00~18:30、【11~2月】8:30~16:30、【3月】8:30~18:00
休日 無休
駐車台数
Webサイト
料金 大人220円、小・中学生100円 (萩城跡指月公園の入園料金)
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回りコース)「萩城跡・指月公園入口 北門屋敷入口」バス停より徒歩5分

周辺の観光スポット

おすすめ