花江茶亭

はなのえちゃてい

13代藩主・毛利敬親が家臣たちと茶事に託して時勢を論じた茶室

指月公園内にある趣のある茶室。
花江茶亭は、旧三の丸にあった13代藩主・毛利敬親の別邸 花江御殿内にあった茶室「自在庵」を、明治22年(1889)頃に指月公園内に移築したものです。
幕末の多事多難のおり、この茶室で敬親は支藩主や家臣たちと茶事に託して時勢を論じ、国事を画策したといわれています。

建物は木造入母屋造り茅葺き平屋建てで、桁行6.84m、梁間3.62m、本床と脇床がついた4畳半の茶室と、3畳の水屋からなっています。移築の際、瓦葺きの平屋1棟が控の間として増築されました。
【萩市指定有形文化財】

しばらくの間、公開を休止いたします
 

基本情報

Tel 0838-25-1750(萩市観光協会)
住所 萩市堀内1-1(萩城跡指月公園内)
営業時間 外観のみ見学自由
休日
駐車台数 指月第一駐車場を利用(無料)/普通車51台、大型車2台
Webサイト
料金 大人220円、小・中学生100円 (萩城跡指月公園の入園料金)
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回りコース)「萩城跡・指月公園入口 北門屋敷入口」バス停より徒歩8分

周辺の観光スポット

おすすめ