旧繁沢家長屋門

きゅうはんざわけながやもん

長さ35m、張り出した格子が続く長屋門

繁沢家は、阿川毛利家(7391石余)の分家で萩藩寄組(1094石余)に属し、給領地を大津郡三隅村(現在の長門市)と阿武郡小川村(現在の萩市)などに持っていました。
建物は、桟瓦葺切妻造、桁行35.5m、梁間4.9m、中央から左寄りに門をあけています。
同家藩政初期の当主 繁沢就充(なりみつ)は、藩の要職として活躍しました。

基本情報

Tel
住所 萩市堀内
営業時間
休日
駐車台数
Webサイト
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回り)「萩博物館前」バス停より徒歩3分

周辺の観光スポット

おすすめ