菊屋家住宅

きくやけじゅうたく

当時の面影を色濃く残す萩藩御用商人・菊屋家の住宅

菊屋家は、毛利藩の御用商人として藩を支えてきた豪商です。屋敷は藩の賓客をもてなす迎賓館のような役割も担いました。江戸初期の建築で、現存する大型町屋としては最古の部類に属し、400年の歴史があります。
菊屋家は、大内氏時代には武士でしたが、毛利輝元公萩城築城の際には有力町人として萩に入り、町づくりに力を尽くしました。主屋、本蔵、金蔵、米蔵、釜場の5棟が国指定重要文化財に指定され、約2000坪の敷地の約3分の1が現在は通常公開されています。すばらしい庭や美術品、民具、古書籍など貴重な資料が数多く展示されており、往時の御用商人の暮らしぶりが偲ばれます。
【 国指定重要文化財(主屋、本蔵、金蔵、米蔵、釜場)】

《 菊屋家住宅体験プラン 》

美しい庭園も見逃せない人気です。心に残るフォトスポットも。
着物を着て、世界遺産の城下町を人力車で巡ったり、重要文化財の庭園を見ながらお抹茶を点てる体験ができるスペシャルプラン。着物 × 人力車 × 抹茶体験を組み合わせてお楽しみください!
呈茶やお抹茶体験など、萩ならではの楽しみ方もお申込みいただけます。

菊屋家住宅体験プランはこちらをご覧ください



《 春と秋に新庭特別公開(期間限定)》
毎年、新緑の美しい時期と紅葉の時期に、普段は⾮公開の美しい新庭が特別に公開されます︕

この新庭は、明治から昭和期にかけて大規模な作庭を行い現在の庭となったもので、約500坪の面積の枯山水様式の回遊式庭園です。
毎年春期と秋期に公開され、特に秋には⾊鮮やかな庭園散策をお楽しみいただけます。
 


基本情報

Tel 0838-22-0005
住所 萩市呉服町一丁目1番地
営業時間 9:00~17:00(入館は16:45まで)
休日 12/31
駐車台数 3台
Webサイト https://kikuyake.com/
料金 一般 650(550)円、高校・中学生 350(300)円、小学生250(200)円
※( )は、団体料金20名以上
障がい者手帳をお持ちの方と介添者(1名)は団体料金適用
アクセス 萩循環まぁーるバス(東回り)「萩博物館前」バス停より徒歩3分
備考 クレジットカード対応/DinersClub・Discover
電子マネー対応/PayPay・支付宝・微信支付
iD・交通系ICカード対応可
禁煙
英語・中国語対応可(パンフレット有、ポケトーク有)

周辺の観光スポット

おすすめ