田中義一誕生地

たなかぎいちたんじょうち

第26代内閣総理大臣田中義一の生誕地

城下町・菊屋横町にある、第26代内閣総理大臣 田中義一の生誕地。
田中義一は、元治元年(1864)、藩士・田中信祐の三男として生まれました。陸軍士官学校を経て陸軍大学校を卒業し、日清戦争出征後、軍事情勢の探索のためロシアに留学。日露戦争では、開戦論を唱え満州軍参謀として出陣しました。
大正7年(1918)原敬内閣の陸軍大臣、大正10年 陸軍大将となり、大正14年に立憲政友会総裁に推され政界に入る。昭和2年(1927)金融恐慌の渦中に内閣総理大臣となり、支払猶予緊急勅令(モラトリアム)を発行し、銀行取りつけ騒ぎを沈静化しました。
昭和3年、第1回普通選挙法を施行。同年、張作霖爆殺事件が勃発し、昭和4年、責任を問われて総辞職しました。ニックネームは「おら(俺)が大将」。

萩博物館そばの「素水園」には、田中義一銅像が建っています。

基本情報

Tel 0838-25-3139 (萩市観光課)
住所 萩市南古萩町
営業時間 見学自由
休日 見学自由
駐車台数 なし
Webサイト
アクセス 萩循環まぁーるバス(東回り)「萩博物館前」バス停より徒歩5分
備考 ◆最寄りの駐車場
中央公園駐車場または萩博物館前駐車場(普通車310円/1回、大型車1,050円/1回)

周辺の観光スポット

おすすめ