萩往還梅林園

はぎおうかんばいりんえん

13種類 約350本の梅の花が咲き誇ります

萩往還梅林園は、吉田松陰の生誕160周年を記念して、平成4年3月27日に開園しました。9,611㎡の園内には、紅梅、白梅など13種類 約350本の梅が植栽され、1月下旬~3月中旬頃にかけて色とりどりの梅が咲き誇ります。
緋梅系で最も早く開花する八重咲きの「緋の司」が1月下旬から咲き始め、一重の「豊後」、八重の「白牡丹」、枝垂れ梅の「玉光枝垂」など、3月中旬頃まで楽しめます。
早春に百花に先駆けて咲く梅を、萩の椿とともにお楽しみください。

■見頃/2月上旬~3月中旬

 >梅の開花状況(2022)


萩往還梅林園まつり
2022年2月23日(水・祝
)~3月6日(日)の土・日・祝日開催
※2月20日(日)まで、まん延防止等重点措置が適用されたことに伴い、イベント開催期間が変更になりました



◆萩往還梅林園まつり期間中は、萩の花めぐり観光周遊バスを運行します
萩・明倫センター(萩・明倫学舎そば) ⇔ 萩往還梅林園まつり会場まで、無料シャトルバスを定時運行します。
2022年2月23日(水・祝)~3月6日(日)の土・日・祝日運行【1日4往復 】



 



萩往還梅林園の近くには、涙松跡の石碑があります。

画像:涙松跡

人々はここで松並木の間に見え隠れする萩を見返り、別れを惜しんで涙し、また帰った時には嬉し涙を流したということから、いつしか「涙松」と呼ばれるようになりました。
幕末、吉田松陰が安政の大獄で江戸に送られる時にここで「かえらじと思いさだめし旅なれば、一入(ひとしお)ぬるる涙松かな」の一首を残しています。

基本情報

Tel 0838-25-3139 (萩市観光課)
住所 萩市椿1125
営業時間
休日
駐車台数 駐車場無料(普通車13台、大型車4台)
Webサイト
料金 無料
アクセス JR萩駅より車で約4分

周辺の観光スポット

おすすめ