涙松跡

なみだまつあと

人々が萩のまちとの別れを惜しみ涙した場所

萩城下から山口・防府へと通じる萩往還沿いにある碑。ここを過ぎると萩の町が見えなくなってしまうため、ここが城下を見ることができる最後の見納めの地でした。
人々はここで松並木の間に見え隠れする萩を見返り、別れを惜しんで涙し、また帰った時には嬉し涙を流したということから、いつしか「涙松」と呼ばれるようになりました。
幕末、吉田松陰が安政の大獄で江戸に送られる時にここで「かえらじと思いさだめし旅なれば、一入(ひとしお)ぬるる涙松かな」の一首を残しています。

基本情報

Tel 0838-25-3139(萩市観光課)
住所 萩市椿
営業時間
休日
駐車台数
Webサイト
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回りコース)「ザ・ビッグエクストラ萩店」バス停より徒歩約15分

周辺の観光スポット

おすすめ