桂太郎旧宅

かつらたろうきゅうたく

内閣総理大臣をつとめた、拓殖大学の創立者である桂太郎の旧宅

桂太郎は、弘化4年(1847)萩城下平安古に生まれ、3歳の時にここへ移り住みました。
藩校明倫館に学び、戊辰戦争では参謀として活躍。明治維新後は陸軍に入り、明治31年(1898)に陸軍大臣となりました。明治33年(1900)には現在の拓殖大学を創設し、国際社会で活躍できる人材の育成にも力を注ぎました。
明治34年(1901)以来、3度にわたって首相を務め、国事多難な時期に手腕を発揮しました。首相在任2,886日は通算で歴代2位。大正2年(1913)に67歳で没しました。

現存する旧宅は、少年時代を過ごした地に、明治42年(1909)に新築されたもので、主屋は派手さを抑え、規模も比較的小さなもので、藍場川沿いの生活を穏やかに楽しむために作られています。藍場川の水を引き込んだ流水式池泉庭園には桂太郎公銅像が建っています。また、縁側には水琴窟(すいきんくつ)があり、澄んだ音色を楽しむことができます。
ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っています。

基本情報

Tel 0838-25-3139(萩市観光課)
住所 萩市川島73-2
営業時間 9:00~17:00
休日 無休
駐車台数 藍場川駐車場を利用(徒歩約10分)/普通車6台、大型車2台
Webサイト
料金 100円(小学生未満は無料)
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回り)「藍場川入口」バス停より徒歩約8分

周辺の観光スポット

おすすめ