はじめての萩観光!定番観光地コース


城下町の町並みや世界遺産をめぐる


初めて萩を訪れる方におすすめ!定番観光スポットをご紹介します。
〔世界遺産〕は、2015年に世界遺産に登録された明治日本の産業革命遺産の構成資産です。
※各スポットでの滞在時間は、あくまで目安となります。ぜひお時間の許すかぎりごゆっくりご滞在ください。


 

① 萩・明倫学舎
ながーい木造校舎が4棟並ぶ姿は圧巻!萩観光はここからスタート
【滞在時間:約30分~1時間】

萩藩の教育や人材育成の中枢を担った藩校明倫館跡地に建つ「萩・明倫学舎」は、近年まで小学校として使用されていました。
現在は観光施設になっており、本館には旧萩藩校明倫館展示室ジオパークビジターセンター、豊富な萩の幸を使ったレストランや萩ならではのお土産を取り揃えたショップがあります。
2号館(有料)には、2015年に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」を紹介する世界遺産ビジターセンターや、古い鉄砲など約500点もの珍しい貴重な品々を見ることができる幕末ミュージアムがあります。

萩・明倫学舎


旧明倫小学校は、昭和10年(1935)に建てられました。建物の中をまっすぐ通る廊下の長さは、なんと約90m!

 徒歩約8分

② 萩城下町 〔世界遺産〕
江戸時代から変わらない町並みを散策。日本の道100選に選ばれた美しい菊屋横町は必見!
【滞在時間:約1~2時間】

奇兵隊を創設した高杉晋作や、維新の三傑の一人 木戸孝允など、維新の志士ゆかりの地が点在している萩城下町。美しい町並みは江戸時代からほとんど変わらず今日まで大切に守り継がれています。

萩焼を扱うお店や、古民家を改装したカフェなど、散策の途中に立ち寄りたいスポットがたくさんあります。また、着物レンタルができるカフェもありますので、着物を着てのまち歩きもおすすめです。

城下町エリア



③ 【昼食】はぎ御膳
萩のプレミアムグルメを堪能!


地元の料理人が、各々の感性で愛する萩を表現した「はぎ御膳」。
お店ごとにこだわった彩り鮮やかなお料理を提供されています。萩の旬の食材をお楽しみください。

はぎ御膳・はぎ弁当

 

④萩八景遊覧船
水の都・萩の景観を、川・海から眺める遊覧船
【所要時間:約40分(特別コースは50分)】

心地よい風を感じ、船頭さんの案内を聞きながらゆったりと景色を楽しむ約40分の遊覧コースです。春は桜観賞コース、夏は日本海観賞コース・夕陽観賞コース、秋は桜紅葉観賞コースなど、季節ごとの特別コースも運航します!

萩八景遊覧船

  車で約1分 

⑤菊ヶ浜
柔らかな白い砂と透き通ったきれいな海、夕景も美しい人気スポット!
滞在時間:約10~20分】

砂浜から見える、かつて萩城が築かれた「指月山」が印象的な菊ヶ浜は、白砂青松の海岸として有名で、夏は水平線に沈む夕日を見ることができる絶景スポットです。
砂浜は、国指定史跡の萩城跡から萩湾に沿って、萩商港のほうへと約1kmにわたって続いています。沖合に浮かぶ火山噴火でできた島々「萩六島」や、笠山、美しい海を眺めながら、波打ち際を歩いてみるのもおすすめです。

菊ヶ浜

 車で約9分 

⑥ 萩反射炉〔世界遺産〕
幕末に、鉄製大砲を造ることを目指して建設された金属溶解炉
【滞在時間:約20~30分】

萩藩は、幕末期に軍事力の強化をはかるために、西洋式の鉄製大砲を造るのに必要な反射炉の導入を試みました。萩反射炉は試作的に作られたと考えており、幕末の西洋科学への試行錯誤を象徴している遺構です。
春は桜と一緒に写真を撮ることができたり、すぐそばに線路が走っているので、列車と一緒に写真を撮るのもおすすめです。

萩反射炉

 車で約3分 

⑦ 恵美須ヶ鼻造船所跡〔世界遺産〕
ロシアとオランダ、異なる国の技術を使った萩藩の造船所跡
【滞在時間:約20~30分】

幕末に、洋式軍艦を製造するためにつくられた造船所の跡。1隻目の丙辰丸(へいしんまる)はロシア式の技術で、2隻目の庚申丸(こうしんまる)はオランダ式の技術を用いて造られました。このように2つの異なる技術が1つの造船所で確認できる貴重な遺跡であり、現在も当時の規模のまま防波堤が残っています。
VRで当時の2隻の船を見ることができます。

恵美須ヶ鼻造船所跡

車で約4分 

⑧ 道の駅萩しーまーと
魚市場直結!新鮮な海の幸を購入、食べることができる道の駅

早朝に水揚げされる新鮮な魚介や、近郊でとれた農産物など、新鮮・安全なお手頃価格で販売しています。その他にも、練り製品や、地元産品、夏みかん製品や地酒、また萩名物の「蒸気まんじゅう」も販売しています。
館内には、新鮮なお魚が食べられるレストランも3店舗あります。

道の駅萩しーまーと

  車で約4分 

⑨ 松下村塾〔世界遺産〕
吉田松陰の志を継ぐ維新志士たちを数多く輩出した
【滞在時間:約30分~1時間】

幕末期に、吉田松陰が主宰した私塾。わずか8畳の部屋で、昼夜を問わず熱い議論が交わされていました。松陰は身分や階級にとらわれず塾生として受け入れ、わずか1年余りの間でしたが、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、山田顕義、品川弥二郎など、明治維新の原動力となり、明治新政府に活躍した多くの逸材を育てました。

松下村塾 

 

散策した後は、温泉でゆったり疲れを癒しませんか?
萩市内の日帰り温泉・宿泊施設をご紹介します。