萩反射炉

はぎはんしゃろ

【世界遺産登録!】 大砲鋳造を目指して建設された金属溶解炉

反射炉は、鉄製大砲の鋳造に必要な金属溶解炉で、萩藩の軍事力強化の一環として導入が試みられました。
萩藩は安政2年(1855)、反射炉の操業に成功していた佐賀藩に藩士を派遣し、鉄製大砲の鋳造法伝授を申し入れますが、拒絶され、反射炉のスケッチのみを許されます。現在残っている遺構は煙突にあたる部分で、高さ10.5mの安山岩積み(上方一部レンガ積み)です。オランダの原書によると、反射炉の高さは16mですから、約7割程度の規模のものになります。また、萩藩の記録で確認できるのは、安政3年(1856)の一時期に試験的に操業されたということだけであることから、萩反射炉はこのスケッチをもとに設計・築造された試作炉であると考えられています。
反射炉の遺構は、萩のほか韮山(静岡県)と旧集成館(鹿児島県)にあるだけで、わが国の産業技術史上たいへん貴重な遺跡です。
【国指定史跡】

基本情報

Tel 0838-25-3380 (萩市世界文化遺産室)
住所 萩市椿東4897-7
営業時間 見学自由
休日 なし
駐車台数 無料駐車場有(普通車21台・大型車3台) 
Webサイト https://www.city.hagi.lg.jp/site/sekaiisan/h6077.html
料金 無料
アクセス 萩循環まぁーるバス(東回り)「萩しーまーと」バス停より徒歩約5分
備考 ガイドが常駐しています(9:00~17:00)

周辺の観光スポット

おすすめ