村田蒲鉾総本店

むらたかまぼこそうほんてん

昔ながらの伝統製法、美味しさにこだわる

日本海で獲れた新鮮な魚を使い、丁寧に仕上げた焼き抜き蒲鉾。農林水産大臣賞を受賞した国産エソ100%の焼き抜き蒲鉾「村四郎」・素材の味が活きた「萩王」は、刺身で食べるのがおすすめです。
人気のちくわ「萩小町」など、お土産にも酒の肴やおかずにもぴったりな商品が並び、製造工場の見学や試食もできます。
送料無料セット等全ての商品が電話・インターネットで注文できます。
道の駅「萩しーまーと」にも出店しており、揚げたててんぷらが人気です。

 




おすすめ!  

村四郎 864円税込)  農林水産大臣賞受賞
生のえそを丁寧にさらすことで仕上げる白さ。繊細な味わいに表現された混じりけのない純粋さは、一口食べれば納得の美味しさです。

超特選村四郎の牛蒡巻 1,080円(税込 水産庁長官賞受賞
ただでさえ美味しい牛蒡巻に、すり身がプラスされた村田蒲鉾オリジナルの一品です。
 

おすすめ! 

創作天ぷら
手作りが伝わる味わい創作天ぷら。萩の定番、ごぼうがたっぷりの天ぷらや、えび天、じゃこ天、炙りふぐ天、萩の瀬つきあじ天など、バリエーション豊かな味をお楽しみいただけます。

 
 

おすすめ!  

萩の魚
日本海に面した萩の新鮮な恵みを堪能。 金太郎、瀬つきあじ、真ふぐ、平太郎、甘鯛、のどぐろ、剣先いかなど美味しい干物を取り揃えています。
 


 

【萩焼き抜き蒲鉾の由来】


 
かまぼこは、古く室町時代に水産加工品として考案され、当時は魚肉を竹につけて焼いていました。その形が丁度蒲の穂に似ていたところから、蒲鉾の名が生まれたと言われています。ここ山口県の萩かまぼこは、江戸時代より北浦沿岸で獲れる鮮度の高いエソ・小鯛などを材料として作られ始め、萩蒲鉾はこの地方独特の「焼抜」製法で作られています。
淡白な味で、しかも弾力が強く、肌がつややかできれいな事が、広く全国的にも有名な特長です。 蒲鉾製造も機械化されて、「うす」と呼ばれる機械で魚を練って作るようになりましたが、今でも熟練の職人さんがその日の魚の状態を見極めて微妙な調整をし、その店の味を守っています。
 


蒲鉾は日本人にはとてもなじみの深い食品でその召し上がり方も、板わさ、うどん、茶わん蒸し、おでんと私達の食卓には欠かせないものとして、多くの人々に親しまれて来ました。最近では、更においしく召し上がっていただく為に、色々な料理の材料として、幅広く用いられ蒲鉾の新しい味が見直されています。
うまいものレシピ(村田蒲鉾総本店ホームページへリンク)

 

基本情報

Tel 0838-22-0877
住所 萩市椿東玉太郎1046-1
営業時間 9:00~18:00
休日 1/1・1/2
駐車台数 15台
Webサイト https://www.muratakamaboko.jp/

周辺の観光スポット

おすすめ