阿武川ダム

あぶがわだむ

全国でも有数の規模を誇る重力式アーチダム

阿武川は、水源を島根県の権現山(標高653m)に発し、途中幾多の支流を合わせ、阿武郡阿東町を貫流して萩市に至り松本川、橋本川を分かち、それぞれ日本海に流入しています。流域面積635㎢、流路延長66.3㎞の山口県で日本海側における最大の河川です。

阿武川ダムは、阿武川の中流に位置する広さ約4㎢の人造湖で、阿武川河口の慢性的な水害を防ぐため、洪水調整、不特定用水確保に、発電の目的を加えて、北浦地域の総合開発の促進を図るため多目的ダムとして建設されました。
昭和45年末より建設工事に着手し、昭和50年3月に完成した堤高95m・堤頂長286m、総貯水容量153,500,000㎥の日本有数の規模を誇る重力式アーチダムです。

阿武川ダムの上流には、国指定名勝 長門峡があります。
またダムの近くには、萩阿武川温泉公園(キャンプ可)や、萩阿武川温泉ふれあい会館などがあり、憩いの場として利用されています。

基本情報

Tel 0838-54-2121 (萩市川上総合事務所)
住所 萩市川上
営業時間
休日
駐車台数
Webサイト https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/soshiki/132/23877.html

周辺の観光スポット

おすすめ