萩に春の訪れを告げる「しろうお」

 

※2022年3月6日(日)に開催を予定しておりました「萩・しろ魚まつり」は、
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました

 

しろうおとは


しろうおは、体長45cmほどのハゼ科の透明な小魚。
毎年2月中旬から4月上旬にかけ、産卵のために海から川をさかのぼるため、「春の訪れを告げる魚」とも言われています。
萩では、阿武川の支流「松本川」河口で主に漁が行われます。



しろうお漁(四ツ手網漁)


しろうお漁は、四ツ手網を使った伝統的な漁法で、松本川河口の姥倉運河周辺で2月下旬〜4月初旬にかけて行われます。

十文字に組んだ竹に四隅をとめた六畳大ほどの網(四ツ手網)を川底近くに沈めて、潮の流れにのってしろうおが川を遡ってくるのを待ち、群れが網の上を通過する頃合いを見計らって、一気に網を引き上げるというもの。
そして、引き上げた網の上を柄の長いひしゃくでポンポンと叩いて、しろうおを集めてすくい取ります。



早春の萩の風物詩となっているしろうお漁は、松本川にかかる橋の上などから見ることができます。(JR東萩駅近く)

◆しろうお漁期/例年2月下旬~4月上旬頃
※2022年のしろうお漁は終了いたしました。(2022.3.29)


 

萩では毎年1月下旬頃に、松本川下流域でしろうおの“産卵場”づくりが行われます。
しろうおは、毎年2月中旬から4月上旬にかけて遡上し、川底の石の裏などに卵を産みつけます。しろうおが産卵しやすい場所を作るために、萩白魚組合のみなさんが、約20㎝大の石を小型船に積み込み、決められたポイントに投げ込みます。
組合では、シロウオの資源確保のため毎年、投石作業や河川清掃を実施されています。


 

名物「しろうおのおどり食い」


活きたしろうおに、酢醤油(すいち)をつけて食べる、名物「おどり食い」。
口の中でピチピチと動くしろうお独特ののど越しをお楽しみいただけます。
また、口の中で魚の脂が出て糖味となり、口中でおどる舌触りと食感は格別です!

 

しろうお料理が楽しめるお店


※漁の状況により、お店での提供の状況が変わります。事前にお店にご確認くださいますようお願いします。

ダイニングまめだ 
電話0838-21-4689

おどり食い・卵とじ・かき揚げなど

割烹 千代
電話0838-22-1128

おどり食い・卵とじ・かき揚げ

萩明倫レストラン 萩暦
電話0838-25-8543

おどり食い

海鮮レストラン 来萩
電話0838-24-4939

おどり食い

懐石料理あじろ
電話0838-22-0010

おどり食い・天ぷら・卵とじ

萩の酒と萩の肴MARU
電話0838-26-5060

おどり食い