萩城下の古き雛たち

萩城下の古き雛たち 2022年2月21日(月)~4月3日(日)

 

城下町 萩でひなめぐり

萩藩 毛利36万石の城下町として栄えた江戸時代の萩、維新の情熱で燃えた萩、静かな佇まいを残す萩。江戸から現代にわたり大切に受け継がれてきたお雛様や、萩ならではの小萩人形など約1,200体を、文化財施設などで展示します。
萩では暦が新暦となってからも雛祭りを4月3日に祝うのが習慣となっていますが、8月1日の八朔(はっさく)の日を祝う行事も盛んで、八朔雛である土人形も展示します。萩の歴史の中で大切に受け継がれたお雛さまの移り変わりを、どうぞごゆっくりお楽しみください。

日時

2022年2月3日(木) 2月21日(月)~4月3日(日)
※2月20日(日)までまん延防止等重点措置が適用されたことに伴い、期間が変更になりました
※一部の会場は観覧可能です
萩のお宿 花南理の庭(要連絡)、田町商店街 2/3~
萩・明倫学舎 2/4~

会場

市内文化財施設等15会場/

旧久保田家住宅、菊屋家住宅、青木周弼旧宅、口羽家住宅、旧田中別邸、旧湯川家屋敷、
桂太郎旧宅、旧山中家住宅、旧山村家住宅、旧小池家土蔵、萩・明倫学舎、渡辺蒿蔵旧宅、
萩のお宿 花南理(はななり)の庭、田町商店街、旧小林家住宅(萩往還おもてなし茶屋)

ポスター

「雛めぐりマップ」ダウンロード(PDF)