大板山たたら製鉄遺跡

おおいたやまたたらせいてついせき

【世界遺産登録!】日本の伝統的な製鉄方法であるたたら製鉄の遺跡。萩藩の洋式造船を支援した

砂鉄を原料に、木炭を燃焼させて鉄を作っていた江戸時代の製鉄所の跡。日本の伝統的な製鉄方法は、鉄の原料である砂鉄と燃料の木炭を炉に入れ鞴(ふいご)を用いて行います。この時に使う炉を「たたら」と言います。
宝暦期(1751~1764年)の8年間、文化・文政期(1812~1822年)、幕末期(1855~1867年)の3回操業していました。原料の砂鉄は島根県から北前船を利用して奈古港に荷揚げされ、荷駄で運ばれていました。ここで作られた鉄は、幕末に萩藩が建造したことで有名な軍艦「丙辰丸」にも使用されています。
主要施設(元小屋・高殿・砂鉄掛取場・鉄池・鍛冶屋等)の遺構がよく保存されており、建物跡などの遺構が露出した形で整備されています。
【国指定史跡】

資産の内容を紹介する展示休憩施設「大板山たたら館」が完成しました(平成29年3月)

基本情報

Tel 0838-25-3380 (萩市世界文化遺産室)
住所 萩市大字紫福10257-11
営業時間 見学自由
休日 なし
駐車台数 普通車4台、マイクロバス2台
Webサイト http://www.ohitayama-tatara.net
料金 無料
アクセス 萩市街より車で約40分
※大型車通行不可

▼行き方
道の駅「ハピネスふくえ」前の信号を須佐・紫福方面に約8.5㎞進み、山の口ダム3㎞の看板を左折後、突き当たりを山の口ダム方面に約3㎞
備考 「大板山たたら館」は、3月~12月の毎日開館しています(9:00~17:00)
土・日・祝日は無料ガイドがいます(※冬期(1~2月)は積雪の関係もあり不定期開館)
ガイドの予約は、萩市福栄総合事務所(電話0838-52-0121)

周辺の観光スポット

おすすめ