玉木文之進旧宅

たまきぶんのしんきゅうたく

松下村塾の創始者であり松陰の叔父である玉木文之進の旧宅

松下村塾の創始者であり、吉田松陰の叔父である玉木文之進は、文化7年(1810)萩藩士杉七兵衛の三男として生まれ、11歳のときに叔父の玉木正路(十右衛門)の跡を継ぎました。
天保13年(1842)、自宅に近所の子供たちを集め私塾を開きました。これが松下村塾の起こりで、ここには松陰も学びました。松陰が10歳で藩校明倫館の助教授となったときの後見人でもあります。

性格は謹厳、剛直、明治9年(1876)の秋、前原一誠の起こした萩の乱を阻止出来ず、養嗣子(乃木大将の実弟)正誼をはじめ門弟が多く参加したことから「自己の教育責任を、一死以ってこれを償ふ」と言い、自刃しました。享年66歳。

建物は木造茅葺き平屋建てで、8畳の座敷のほか4畳の畳部屋・3畳半の玄関、4畳半の板間と土間の台所があり、別に湯殿・便所があります。

基本情報

Tel 0838-25-3139 (萩市観光課)
住所 萩市椿東1584-1
営業時間 9:00~17:00
休日 無休
駐車台数 駐車場あり(大型車駐車不可)
Webサイト
料金 無料
アクセス 萩循環まぁーるバス(東回り)「東光寺前」バス停より徒歩5分

周辺の観光スポット

おすすめ