道永の滝

どうえいのたき

三段に分かれて流れ落ちる、落差約70mの滝

阿武町伊良尾山麓の洞穴から湧き出る清流が70mの高方から三段に落下し、老樹の間に飛沫を散らす勇壮な滝です。
滝壺の傍らには洞穴があるが、陶晴賢の残党が山伏となりこの地にのがれ、大山祗神、四国石槌山波切不動明王をまつったと伝えられています。

阿武火山群の火山のひとつ、伊良尾山が火山活動をしていた頃、高さ1000m以上の噴煙柱とマグマのしぶきをあげる噴火をし、スコリア丘を作り、14kmに及ぶ長さの溶岩流を流しました。伊良尾山が流した溶岩流の流路を龍にたとえ「龍が通った道」と名付けられています。

 

>龍が通った道

基本情報

Tel 08387-6-3380(須佐おもてなし協会 いかマルシェ)
住所 萩市弥富下
営業時間
休日
駐車台数
Webサイト https://kanko.susa.in/tennenkinenbutu-2/doueinotaki/

周辺の観光スポット

おすすめ