田町商店街 (御成道)

たまちしょうてんがい (おなりみち)

参勤交代の際の御成道筋であった田町通り

かつての「御成道」筋にあたる田町通りが、現在の田町商店街となっています。
藩主が参勤の際に通ったことから「御成道」とも呼ばれる萩往還は、北浦の萩城下から、明木市、佐々並市、山口を経て、瀬戸内側の港町・三田尻に至る、中国越えの11里34町(52.72km)の街道。道幅は約4m、千人もの人々が動員された参勤は、享保12年(1727)までは三田尻から海路大阪へ向いましたが、それ以後は陸路に変わり、山陽道を通りました。幕末には吉田松陰をはじめ、高杉晋作など多くの志士が往来し、歴史的重要な役割を果たした道です。また、文久3年(1863)藩庁を山口に移鎮した理由の一つに山陽道に近いということが上げられます。平成元年(1989)、歴史の道百選の一つに選定されました。 
現在、商店街では萩地方の方言を書いた垂れ幕が掲げられるなど、人々に親しまれています。

基本情報

Tel
住所 萩市東田町
営業時間
休日
駐車台数 御成道・たまち駐車場を利用(無料)
Webサイト https://hagi-tamachi.jp/
アクセス 萩循環まぁーるバス(西回り)「御成道・たまち駐車場」バス停より徒歩すぐ

周辺の観光スポット

おすすめ