笠山椿群生林 ツバキの開花状況

2020/03/25

笠山椿群生林では、ヤブツバキが開花しています。
約60種25,000本のヤブツバキが自生しており、日当たりや種類によって咲く時期が異なり、随時花が咲いては落ちますので、長い期間お花をお楽しみいただけます。
※今年は、暖冬の影響でこれまでになく早い開花となっています。

 

 

2020年3月25日  見ごろ

ヤブツバキが見ごろです。
木によってはほぼ満開のものも見られます。

広場では、ソメイヨシノが咲き始めています。
これからの時期は椿と桜が一緒に楽しめそうです!

 

 

 

2020年3月12日  見ごろ

ヤブツバキが見ごろです。
展望台から見渡すと、一面に椿の花が咲いているのを見渡すことができます。
まだつぼみも見られますので、これからもまだ開花が見られそうです。

 

 

2020年2月23日  見ごろ

ヤブツバキが見ごろです。

 

 

 

2020年2月15日  見ごろ

ヤブツバキが見ごろを迎えています。
落ち椿も見られますし、まだまだ蕾のものもあります!

 

 

 

2020年1月28日  見ごろ

ヤブツバキが見ごろを迎えています。
今年は暖冬の影響で、椿まつりを待てずに花が次々と咲いているようです。
ツヤツヤの葉に鮮やかな椿の花がとてもよく映えます。

 

 

2020年1月23日  開花がすすんでいます

ヤブツバキの開花がすすんでいて、ところどころ落ち椿も見られます!
まだ蕾がたくさん見られますので、今後どんどん開花がすすむと思われます。

 

2019年12月23日 開花宣言が行われました!

今年は、「いちばん花」の開花が10月下旬と例年並みでスタートしており、
例年以上の開花が見込まれるそうです!

前々シーズンは1~2月に開くはずの多くの花が「3月末から桜の花見が終わった頃に大量に花が咲く」といった、これまでにない遅い開花となりました。前シーズンは、多くの花が結実したことと、やや早めに開花するなどにより、「椿まつりシーズン中に花が少ない」という結果となりました。

今年は、「いちばん花」の開花が10月下旬と例年並みでスタートしており、やや暖かい初冬を迎え、例年以上の開花を見込んでいます。
なお、例年であれば1月から2月にかけて徐々に開花が進みますが、今後の気温の状況によって開花状況も変わります。(昨年の開館宣言日:平成30年12月27日)

 

【開花宣言について】
笠山椿群生林では、約10haの敷地内に約25,000本のヤブツバキが自生しています。
例年12月上旬から4月上旬にかけて椿の花を見ることができますが、気象条件によりその年の開花時期が変わるため、萩市では、平成11年(1999)から基準木7本を指定し、基準木すべてが花をつけたときに椿の開花宣言を行っています。

 

 

展望台周辺の広場では、開花が進んでおり、鮮やかな赤い花がたくさん見られます。群生林全体では、まだまだ開花は少なく蕾の状態で、これから1月~2月にかけて開花が進んでいきます。