萩・万灯会

 

萩の夏の風物詩、ろうそくの灯りが幽玄の世界を作り出します

萩・万灯会
迎え火 8月13日、送り火 8月15日

萩の夏の風物詩である「萩・万灯会」は、萩藩主毛利家の菩提寺である大照院東光寺がその舞台となります。
毛利氏の菩提を弔うため、毎年8月13日に【迎え火】として大照院で、8月15日に【送り火】として東光寺で、墓所にある500基あまりの石灯籠に火をともします。

当日は、19:00頃から22:00までの間、どなたでも自由にご参拝いただけます。参道や灯籠などにともるろうそくの灯りをお楽しみください。
※足もとが暗いので、懐中電灯の持参をおすすめします。

 

 


 

迎え火 大照院

2021年8月13日(金) 19:30~22:00

13日の「迎え火」は、大照院が舞台となります。
大照院には、萩藩初代藩主・毛利秀就と、2~12代の偶数代藩主夫妻が祀られており、国指定史跡である墓所には、藩士らが寄進した600数基の石灯籠が整然と並んでいます。本堂、庫裏、書院、鐘楼門、経蔵はいずれも国指定重要文化財に指定されており、本堂・経蔵は保存修理工事が行われ、平成30年4月に落慶法要が行われました。

 


万灯会では、墓所にある約600基の石灯籠と参道に火が灯ります。

【13日の迎え火のみ】
20:00〜 墓所にて墓前供養祭が行われます。
会場ではろうそくを1個100円にて販売、火をともすことができます。

日時 2021年8月13日(金)19:30~22:00
会場 大照院(萩市椿青海4132)
駐車場 周辺に臨時駐車場あり(無料)
お問合せ 0838-25-1750(萩市観光協会)

 

 

送り火 東光寺

2021年8月15日(日) 19:30~22:00

15日の「送り火」は、東光寺が舞台となります。
東光寺には、萩藩3~11代の奇数代藩主夫妻が祀られており、国指定史跡である墓所には、藩士らが寄進した500数基の石灯籠が整然と左右均等に並んでいます。総門、三門、鐘楼、大雄宝殿はいずれも国の重要文化財に指定されており、中国風の雄大な建築や、木立に囲まれた境内は趣深く、見ごたえがあります。

 


万灯会では、墓所にある約500基の石灯籠に火が灯ります。

日時 2021年8月15日(日)19:30~22:00
会場 東光寺(萩市椿東1647)
駐車場 無料駐車場あり
お問合せ 0838-26-1052(東光寺)