「ぶらり萩あるき」 萩市観光協会公式サイト

観光スポット

新着情報トップ観 観光スポット美術館・博物館 熊谷美術館

歴代の熊谷家主人が収集した貴重な萩の資料を保存・展示公開

熊谷美術館

くまやびじゅつかん

熊谷家は問屋と金融、仲買、製塩を業とし、萩藩御用達として栄えた豪商で、熊谷五右衛門が明和5年(1768)に新築したものといわれる「熊谷家住宅」は、主屋・離れ・本蔵・宝蔵の4棟が国の重要文化財に指定されています。
熊谷美術館は、昭和40(1965)年4月に、文化資料を保存及び公開することを目的として開館。萩藩の御用商人・熊谷家の蔵を改造した展示室に、熊谷家代々の当主が収集した美術品が展示されています。収蔵品は、雪舟をはじめとする書画屏風類や、茶道具、香炉や硯箱などの美術工芸品、代々伝わる文書類など、約3000点におよびます。
中でも目を引くのが、4代五右衛門義比(ごえもんよしかず)が長崎において親交のあったドイツ人医師シーボルトに贈られたというピアノ。イギリス製のもので、日本に残る最古のピアノとしても有名です。
【 国指定重要文化財(主屋、離れ座敷、本蔵、宝蔵)】


*******************************

熊谷五右衛門生誕300年記念特別展
伝統から現代、未来へ『古萩・今萩・新萩』『雪舟と山本浩二』
2019年9月1日(日)~11月24日(日)



熊谷家初代生誕300年を記念し、熊谷家と交流のあった坂髙麗左衛門歴代と萩焼の未来を担う現代陶芸作家・岡田泰、兼田知明、坂悠太、坂倉正紘、渋谷英一、新庄紹弘、田原崇雄、玉村信一の作品を展示、また近代を開いた画家・雪舟とミラノで活躍する現代抽象画家・山本浩二の対比によって、日本、朝鮮、中国、欧州に繋がる、伝統と現代から未来への美を求める展覧会を開催。国県市内外からの皆様にお楽しみいただけたらと存じます。
特別出展 濵中月村

◆特別展示の入館料 大人1,000円、障碍者860円、高校生以下700円

○2019年10月13日(日) 13:00~
 トークセッション「雪舟と雲谷派」 
&茶会  
 福田善子(県立山口美術館)、山本浩二(画家)、他
 
料金2,000円(特別展入館料込み)
 *お申込みは、美術館に電話またはFAXでお願いします

*******************************

Tel
0838-22-7547 
住所
萩市今魚店町47 
営業時間
9:00~16:00 
休日
月・水・金曜日
特別展期間中=月曜日のみ
但し、祝・祭日は開館(翌平日が休み) 
駐車台数
普通車30台/大型5台 
料金
大人・大高生 700円、小・中学生 400円(団体割引: 30名以上20%引)
障がい者割引:560円 
アクセス
萩循環まぁーるバス(東回りコース)「熊谷美術館前」バス停より徒歩すぐ 
備考
車椅子でご利用いただけます(スタッフで介助します 2Fは不可)
分煙あり 
 

ページトップ