南明寺窯

なんみょうじがま

萩焼をキャンバスに描く風と草花の世界

イトザクラで有名な南明寺のふもとに窯を構えるのは、スウェーデン出身のベアティル・ぺアソン氏。元々ロイヤルコペンハーゲン社で絵付けの仕事に携わっていて、研修旅行のために来日した際に訪れた萩で、素朴な土の味をいかした萩焼に魅せられ陶芸家になることを決意したそう。
絵付けをしないとされていた萩焼に可憐な野の花や風景などを描いた作品は、優しさにあふれ、“ペアソンさんの器”として親しまれています。

基本情報

Tel 0838-25-2693
住所 萩市椿658-1
営業時間
休日 不定休
駐車台数 普通車2台
Webサイト

周辺の観光スポット

おすすめ