笠山椿群生林「椿」開花宣言がありました!

2023/12/26

”萩市の花” にも選ばれている「椿」の季節が到来しました!

2023年12月26日、笠山椿群生林の「椿」開花宣言が行われました。


 

今シーズンの椿の特徴

例年10月20日前後頃が一番花の開花時期ですが、今年の夏の猛暑の影響でハギやツワブキ、ヒガンバナなど多くの花々の開花が遅くなった傾向にあるため、ツバキの開花も予測しがたいところでしたが、ふたを開けてみると例年よりやや遅いものの、昨年同様に11月上旬(7日頃)に一番花の開花となりました。

夏以後の高温傾向も10月以降は通常に落ち着いたためか例年通りの開花となったようです。

今年も着蕾状況は例年並みと見られますので、このまま順調に推移すれば寒波の合間には緑の中に咲くヤブツバキが見られると思います。今後の寒波の影響にもよりますが、例年通り推移すれば2月半ばから3月末頃が見ごろとなります。
(萩市観光課 花と緑の推進室 樹木医  草野 隆司)

【 昨年の開花宣言日:令和4年12月15日 】
 

【開花宣言について】
笠山椿群生林では、約10haの敷地内に約25,000本のヤブツバキが自生しています。
例年12月上旬から4月上旬にかけて椿の花を見ることができますが、気象条件によりその年の開花時期が変わるため、萩市では、成11年(1999)から基準木7本を指定し、基準木すべてが花をつけたときに椿の開花宣言を行っています

 

 

展望台周辺の広場では、開花が進んでおり、鮮やかな赤い花が見られます。
群生林全体では、まだまだ開花は少なく蕾の状態で、これから徐々に開花が進んでいくと思われます。


 

椿の見頃にあわせて、「萩・椿まつり」が開催されます!
萩・椿まつり
2024年2月10日(土)~3月17日(日)