鉄道開業150周年記念特設展示「日本最初の鉄道開通と井上勝」

2022/04/22

 

 

萩出身で「鉄道の父」と称される井上勝は、明治5年(1872)に日本で最初に開通した新橋~横浜間の鉄道建設を指揮しました。鉄道の開業は、日本の文明開化を宣言するできごとで、国の威信をかけた巨大プロジェクトでもありました。

特設展示では、絵図や写真、古文書など様々な関連資料をパネルにし、井上勝の鉄道開通との関わりを紹介します。また、このほど東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)より寄贈された高輪築堤の石材を初公開します!

 

 

会期

2022年5月3日(火・祝)~12月4日(日) 9:00~17:00
※会期中無休、観覧料無料

会場

萩駅舎(萩市自然と歴史の展示館) 
萩市椿3537-3


 

関連イベント

井上勝ゆかりの地を巡る探訪ツアー
井上勝が新橋-横浜間に鉄道を敷設して150年。井上勝ゆかりの地を巡る探訪ツアーを開催します。
【コース】井上勝旧宅地 ⇒ 萩・明倫学舎 ⇒ 萩駅 ⇒ 東光寺

  • 日 時/2022年5月29日(日)10:00~15:00
  • 場 所/萩・明倫学舎駐車場 出発・到着
  • 講 師/道迫 真吾(萩博物館総括学芸員)
  • 定 員/20名(先着順)
  • 参加費/無料(昼食代実費)
  • 申込み/2022年4月11日(月)より電話予約(先着順)
  • 問合せ/萩・明倫学舎推進課 電話0838-25-3569