日本の志がここにある

日本の志がここにある

“屋根のない萩ミュージアム”満喫キャンペーン

  • 江戸時代の町並みが残る萩で、歴史を
    感じ、時をめぐる

萩は、萩藩祖・毛利輝元から260年間続いた江戸時代の町並みを残し、2015年7月にはその町並みが世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産「萩城下町」となりました。その歴史を感じる取り組みをつなぎ、萩の時を巡る旅を提案します。

江戸時代の町並みを散策。
萩の定番観光モデルコース

旧萩城の外堀から外側に広がる城下町は、町筋は碁盤目状に区画され、中・下級の武家屋敷や商家が軒を連ねていました。現在でも町筋はそのままに残り、往時の面影をとどめています。
白壁となまこ壁や黒板塀の美しい町並みを散策してみませんか?

萩城城下町コース

城下町めぐりを楽しむ特別な体験!

江戸情緒が残る萩の古い町並みを、着物を着て歩いてみませんか?

きもの体験

萩の情緒を感じながら、いつもとは違った目線で城下町を散策してみませんか?

人力車