萩観光キャンペーン GOTO萩

まちじゅうで楽しむ“5”の誘い萩・明倫学舎5周年記念
学舎維新祭

2017年3月4日、明治維新150年を機に、萩を学び萩を語る舞台として「萩・明倫学舎」が開館し、本年で5年の節目を迎えることから、「学舎維新祭」と銘打ち記念事業を実施します。

 

学舎維新祭 2022年3月4日(金)~12月31日(土)

萩・明倫学舎は、萩観光の起点である本館・2号館に加え、観光事業所を集約した観光の拠点となる3号館、産業・ひとづくり・交流の拠点となる4号館が新たに開館し、4棟全館を活用した拠点施設に生まれ変わります。

萩・明倫学舎(外部サイトへリンク)

画像:明倫学舎

3月1日(火)萩・明倫学舎4号館がオープンしました!
~学舎維新祭~ ゴールデンウィークイベント情報

 

幕末ミュージアム企画展 海外の絵入り新聞に見る幕末維新

萩・明倫学舎の幕末ミュージアムでは、個人収集家の小川忠文氏から萩市に寄贈された約6,000件にものぼる近世の科学技術史資料「おがわ是苦集」のうち、約600件を常時展示公開しています。本年は開館5周年を迎えることを記念して、幕末ミュージアムならではの企画展を開催します。
19世紀中期の幕末維新期、日本への進出を競いあう欧米列強のなかでも、イギリスとフランスはその中心でした。英仏両国では、新しいメディアとして絵入り新聞が発達・普及し、世界の動向を報じる一環として日本の情報も報道していました。本展では、イラストレイテッド・ロンドン・ニュースをはじめとする絵入り新聞をもとに、海外から見た幕末維新期の日本と長州の様子を探ります。

  • 期間/2022年3月4日(金)~11月27日(日)
  • 場所/萩・明倫学舎2号館 幕末ミュージアム 企画展示室
    5月21日(土)13:30~14:30 プレミアム講座を開催!
    学芸員が企画展の見どころについてご紹介します
    会場/萩・明倫学舎 2号館2階 シアタールーム
    定員/先着20名、申込不要
画像:海外の絵入り新聞に見る幕末維新

銃の展示増設

幕末ミュージアムには、幕末維新動乱期に使用されたゲベール銃・エンフィールド銃など86丁を展示しています。今回展示ケースを増設し、100丁以上の展示となることから、日本屈指の他に類を見ないスケールの展示となります。

画像:鉄砲

記念イベント

開館5周年の感謝の意を込めて、記念イベント「学舎維新祭」を開催します。
詳しくはこちらをご覧ください(外部サイトへリンクします)

画像:海外の絵入り新聞に見る幕末維新
4月29日(金・祝)~5月8日(日)
萩・明倫学舎に迷路現れる!

5月1日(日)~5月8日(日)
こいのぼり風船に塗り絵をしよう!

5月1日(日)~5月5日(木・祝)
萩・明倫学舎マルシェ

5月1日(日)~5月5日(木・祝)と5月の土日
日本庭園を歩く

5月29日(日)
筝のある風景 in 萩・明倫学舎 vol.1

6月5日(日)
「木の話を聞き、木と仲良くしよう」教室