「ぶらり萩あるき」 萩市観光協会公式サイト

観光スポット

新着情報トップ観 観光スポット>萩地域

英傑を輩出した維新のふるさと

萩は、毛利輝元が慶長9年(1604)に萩の地に築城・開府し、藩府が山口に移るまでの約260年間、毛利氏36万石の城下町として栄えました。古い町並みはいまも往時の面影を色濃く残しています。また、萩は明治維新胎動の地として、吉田松陰をはじめ高杉晋作、伊藤博文など多くの逸材を輩出した地でもあります。維新志士ゆかりの場所や、古い神社仏閣など、まるで歴史の本を見ているかのような風景が広がります。

英傑を輩出した維新のふるさと|萩は、毛利輝元が慶長9年(1604)に萩の地に築城・開府し、藩府が山口に移るまでの約260年間、毛利氏36万石の城下町として栄えました。古い町並みはいまも往時の面影を色濃く残しています。また、萩は明治維新胎動の地として、吉田松陰をはじめ高杉晋作、伊藤博文など多くの逸材を輩出した地でもあります。維新志士ゆかりの場所や、古い神社仏閣など、まるで歴史の本を見ているかのような風景が広がります。
  • 堀内エリア|萩城跡や上級武士の武家屋敷跡が並ぶ重要伝統的建造物群保存地区
  • 城下町エリア|高杉晋作誕生地、木戸孝允旧宅などがあり、白壁や黒塀のつづく道が美しい城下町
  • 浜崎エリア|かつて萩の港町として栄え、商家の町並みがいまも残る地区。「御船倉」は圧巻
  • 松本エリア|吉田松陰主宰の松下村塾をはじめ、維新胎動の地・萩をめぐる旅はここから
  • 平安古エリア|かんきつ公園や旧田中別邸、鍵曲などがあり、川沿いに長く続く白壁が美しい
  • 土原・江向エリア|旧萩藩校明倫館をはじめ、維新の志士の旧宅などが点在するエリア
  • 笠山・越ヶ浜・大井エリア|東洋一小さい火山である笠山。明神池や風穴、椿群生林など自然美あふれるエリア
  • 椿・川島エリア|萩駅(登録有形文化財)や毛利家菩提寺の大照院など。ちょっと足をのばして
  • 三見エリア|県下最大級の石造の眼鏡橋「三見橋」や海・里の幸を堪能できる道の駅も
  • 博物館・美術館|まちじゅう博物館の拠点となる萩博物館をはじめ、資料館、美術館など
  • 観光ガイド承ります(有料)お申し込みは、萩市観光協会TEL.0838-25-1750
ページトップ